【大流行】ストレス解消になる「ハンドスピナー」とは!?その効果とおすすめ商品!!-Fidget Spinner-

アメリカで大流行 超高速回転する ストレス解消グッズ ハンドスピナー

スポンサーリンク

こんにちは、らふすけ(@hibipaka)です!
今回はアメリカで大流行しているハンドスピナー(英語名:Fidget Spinner)をご紹介していきます。

ハンドスピナーとは

ハンドスピナーは、手のひらサイズで中心の円を軽く挟んで、外側の羽をスピンさせて遊ぶのが基本です。回転がとても早く、回転時間が長いことが特徴です。羽が3枚のものが基本形ですが、今では様々な色やデザイン、形のものも発売されています。

アメリカで爆発的人気を誇るおもちゃで、有名Youtuberの「SEIKINさん」「瀬戸弘司さん」「たいぽんさん」が動画で紹介したこともあり、2017年日本でも大ブームになりつつある玩具です。

価格は?

価格は500円から3000円の物が多いです。安いものは300円、高いものは数万円のものまであります。
※特に安価なものは詐欺だったり、不良品の可能性が高いので購入する際は注意してください。

ハンドスピナーはアメリカ人女性が発明した!


ハンドスピナー(英語名:Fidget Spinner)を開発したのはキャサリン・ヘティンガー(Catherine Hettinger)という米国フロリダ在住の60代女性。開発したのは1980年代と、実はかなり昔からあるものなのです。

当時、キャサリンは妹の住むイスラエルを訪れたとき、幼い子供たちが警察官や通行人に石を投げると聞き、子供たちが遊びながらストレス解消できるおもちゃを作りたいと思いました。最初にキャサリンが考えたのは投げられる柔らかい素材で作った石でした。アメリカのに戻ったキャサリンはもっといいアイデアがあるはずと考えました。

そこからさまざまな試行錯誤を繰り返し、今のハンドスピナー(フィジェットスピナー)の原型を思いつきます。

心の【平和】を生み出す方法としてスタートしたの。とっても心が落ち着く何かを!”と思ってハンドスピナー(フィジェットスピナー)を思いついたの。

とキャサリンは語っています。

キャサリンさんは1997年に特許を取得したものの、2005年に特許更新料の400ドル(約4万5000円)が払えず、特許が失効してしまいます。それから各メーカーが様々なハンドスピナーの生産を始め、2017年現在、海外では持ち込み禁止になる学校が出るほどのブームになっているらしいです。

このブームにキャサリンさんは

発明品のうち、お金になるのはたった3%です。

私は、多くの発明家が生活を切り詰めて、大変な思いをしているのを見てきました。

人々に『スピナーがブームになって、怒ってないの?』と聞かれますが、私のアイデアを理解してくれる人がいて、彼らの役に立っていることを嬉しく思っています。

私の発明のコンセプトは常に、人を助けることなのです。

と、インタビューに答えていたそうです。

ストレス解消、PTSDにも!?ハンドスピナーの効果

なんとハンドスピナーには意外な効果があります。

基本的にはストレス解消グッズとして商品化されたハンドスピナー。集中力が続かない人はハンドスピナーで遊ぶことで集中力が高まり、考え事をするのに向いているという効果もあります。

また、アンガーコントロール(怒りのコントロール)、不安感の除去、ADHDや強迫神経症、PTSD(心的外傷後ストレス障害)などにも効果があるとされています。

おすすめのハンドスピナー

金属製で2枚羽のハンドスピナーです。シンプルで価格もリーズナブルです。またハンドスピナーブランドのFengNiaoが販売しているので安心です。僕はこの商品を購入しました!

 

プラスチック製の3枚羽と1番ベーシックなタイプです。Amazonのランキングも上位で評価もなかなか高いのでおすすめです。

 

全銅製で3枚羽のハンドスピナーです。少し値段は高くなりますが、色違いの青銅色も渋くてかっこいいです!

まとめ

ハンドスピナーにも意外と歴史があり驚きました。キャサリンさんの考え方にも感動しました。
また、ハンドスピナーは禁煙中の人が手持ち無沙汰さを解消するためにも使っているらしいですよ。

ハンドスピナーは2017年流行間違いなしなので、みんなより一足先に手に入れちゃってください。
僕も注文して届くのを待っているところなので、実際に遊ぶのが楽しみです。また届いたらレビューを追記したいと思います。

それでは!

スポンサーリンク

アメリカで大流行 超高速回転する ストレス解消グッズ ハンドスピナー

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です